FC2ブログ

Article

        

古本

2018/ 09/ 04
                 



母校の中学の近所を訪れたときのこと。
すごく古い、厨房なんかが入らないようなぼろいたたずまいの古本屋があって、
どうせだから入ってみた。
「儒家文集」だったと思うんだけど、そんな感じのすごい古い本が
あって、なんとなく装丁が綺麗だったので買った。それで
家に帰って開いてみたら、裏表紙をめくった裏側に、左手が小さな本を持っている絵が
描いてあった。へたな絵だったけどすごく緻密に描いてあった。

左手は病人の手のようで、本を持ったままだらりと垂れている感じ。
数ページめくってみると、似たような左手の絵、描きかけの左手の絵が
印刷字の周りに20から30あった。
絵の描いてあるページには、「50ページ」って
注意書きみたいに書いてあった。(違う数字だったかも)本の内容は
忠にして孝、とかいう類の内容だったように思う。
その日具合が悪くなって、本は別の古本屋に売った。



関連記事
                         
                                  

コメント