FC2ブログ

Article

        

時計のずれ

2018/ 08/ 22
                 

小学5年生の頃の話
合唱部に入っていた私は、その日も音楽室で後輩と一緒に放課後練習をしていた。
結構日も暮れてきたのでそろそろ帰ろうかと話していると、
後輩の一人が時計を指さし、
「○○先輩、あの時計止まってますよ」
と言った。
そう言われてみると、確かに時計の時間がだいぶズレていた。
でも、別にズレていたからといってどうということはなかったのだが、
その時計の針がものすごい速さで逆に回り出したのだった。
さすがにそれには全員が驚き、慌てて他の時計を確認しに行った。
どうも、廊下にある時計も他の教室にある時計も
同じように一斉に逆向きに回り出したようだった。

頭が混乱して何が起こっているのかわからなくなっていたけれど、
私は他の部員と一緒に職員室にそのことを言いに行った。
丁度顧問の先生がいたので、先生に事情を言うと、
「学校の時計はたまにズレるから、時々こんな風に時間を合わせてるんだよ」
と軽い調子で答えてくれた。
あんまりな種明かしをされて私達はがっかりしたような、
ほっとしたような気持ちでその日は家に帰ることになった。
次の日私は、逆向きに回っていた仕組みが気になり時計を外してみると、

その時計はどこにでもある普通の時計だった。



関連記事
                         
                                  

コメント