FC2ブログ

「最近の記事」

見知らぬ女の子

2018/10/21                    

No image

幼いころの、自分としては洒落にならない話です。と言ってもはっきりしない記憶なのですが。確か夕方だったと思うのですが、私は一人で留守番をしていました。しばらくテレビを見ていたのですが、そのうちすっかり飽きてしまいなんとなく窓を開けて外を眺めました。すると、突然アパートの隣室の窓が開いて、女の子が半ば体を乗り出すようにして顔を覗かせました。私より2、3歳年上らしい、見知らぬその女の子と何か会話をしたよ...

ひこひこさん

2018/10/20                    

No image

小さいとき、年上のいとこに聞いた話です いつぐらいの話かわからない。とある大学で、夜遅くまで学生が残っていた。尿意をもよおしてトイレに行き、戻る途中で何かの気配を感じた。後ろをふり返ると、黒い物体が床の上を這っている。よく見れば、戦闘服のようなものを着た男で、下半身がなかった。「ぎゃあ」と叫び、学生は逃げだした。だが、戦闘服の男は追いかけてきた。ぺたぺたと手だけで這っているのにやたらと速い。しかも...

新聞配達

2018/10/19                    

No image

新聞配達のバイトをしていたときの話。朝早く、道で出会う人や、家の前にいる人には挨拶をするようにはしていました。しんどい思いして早起きしても人と挨拶を交わすのは気持ちの良いものです。ある日、私はいつものようにせっせと新聞配達をしていましたが、ある家で新聞受けに新聞を入れるとき、その家の窓が少し開いていて中に住んでいる人の姿が見えたので「おはようございます」と挨拶しましたが、返事はありませんでした。私...

掃除用具入れの隙間

2018/10/18                    

No image

中学の時の話です遠足についての話し合いのために放課後に学級委員会が開かれて、各クラスの学級委員が集まりました。各クラス男女二人づつで、始めのうちはまじめに話し合いをしていたんですが、次第に男子の方が飽きてきてしまいまして、まじめな会議は女子に任せて男子は校舎の2階を利用してかくれんぼを始めてしまいました。僕もじゃんけんに勝って隠れる場所を探しました。2年C組の教室に駆け込んで、掃除用具入れに入りま...

実害のない霊

2018/10/17                    

No image

住んでた家から通ってた高校に片道2時間ぐらい掛かるんだよ。 そんで、2年の夏ぐらいに彼女の家に住んで、そこから学校に通う事にした。 彼女の家からだと往復でも1時間掛からなくて快適だった。 住む部屋と言うと、2LDKのマンションで結構イイ部屋なんだよ! その時に体験した話・・・ その彼女はOLやっていて残業が結構多いみたいで帰宅するのが夜の9時ぐらいって時がザラ。 まあ、俺もバイトやってたんだけど、週に1・2回...

標的

2018/10/16                    

No image

当時オレは大学生で、夏休みの間はカラオケ店でバイトしてて、大体週3~4くらいの割合で18時から24時まで働いていた。カラオケ店は家から近かったから自転車で通ってたが、その日は自転車がパンクしたもんだから、仕方なく歩いてバイトに行った。バイトが終わって徒歩で帰宅中。住宅街を歩いてた時だ。オレの左頬に「パシ!」って、何かが当たった。けっこう痛い。最初は、夏だから虫でも当たったのかと思って気にせず歩いて...

慰霊の森

2018/10/15                    

No image

俺の地元は岩手なんだがまだ地元で働いていた頃に職場の先輩から聞いた話。詳しい時間はわからないけど夜中に友達含め6人で飲んでいたらしいその内の一人が慰霊の森いこうぜと言い出した地元の奴なら知らない奴が居ないくらいメジャーでヤバイと噂の心霊スポット普段なら絶対に近寄りたくない場所だがその時は酒が入ってたし6人も居るんだから大丈夫と結局行く事に。俺は実際に行った事無いんだけれども結構険しい山道を登って行く...

ストーカー事件

2018/10/14                    

No image

日本でも、ストーカー事件は急増している。過去3年間で報告されている殺人及び未遂事件は17件、傷害・暴行・脅迫などを含めると1000件に及ぶストーカー事件が起きているのだ。そんな中でも、衝撃の結末を迎えたストーカー事件を紹介しよう。この事件を担当した(株)ジャパン・プライベート・サービスの樋渡氏に話を聞いた。1998年1月、都内に住む山本さん(仮名)が会社から帰宅すると、彼のアパートの部屋の前に一人の女性が立っ...

あの車が幽霊でありますように・・・

2018/10/13                    

No image

あの車が幽霊でありますように・・・これは私達が山へ遊びにいったときの事です山道は深く、奥に入れば入るほど道は狭くなっていきます\車   ̄\こんな感じで車が走ってると思ってくださいするとこんな山道なのに上のほうから車が来るじゃありませんかこういう山道は対向車用にところどころ道にでっぱりが出ているので、向こうの車がそこで待機するとばかり思っていたのに対向車線の車はでっぱりで止まるどころかこっちに向かっ...

黒尽くめの女

2018/10/12                    

No image

以前、嫌な者を見たことがある。大学1年の秋、夜8時頃だったと思う。大学から駅に向かうバスに乗っていた時のこと駅に向かう途中に通る救急病院の前で停車した。その時たまたま救急車で運ばれてきた人がいてちょうど搬入口から患者を病院に運びいれているところだった。何気なくその光景を見ていると救急車と搬入口の間辺りに人がいることに気づいた。そちらに視線を送ると突然鳥肌が立った。その人は全身が黒い服装で、たぶん女...